犬とこどもの暮らし、小さな暮らし

40㎡1LDKの小さな家でのシンプル暮らしを綴ります。お掃除大好き、ごはん大好き。ペットと子どもとの初めての育児に日々奮闘中。

レンタルするか迷っているもの

我が家は築浅物件で、備え付けの収納スペースは考えられて作られている方だと思います。
でもなんといっても総面積40㎡ちょいの広さ。お風呂が大きいため1LDKの他の部屋はこじんまりとしています。
育児グッズも、購入するものはなるべく控え、大きくて期間限定の物についてはレンタルを念頭に置いています。

そのレンタルですが…
ベビーベッド、バウンサー(またはハイローチェア)、クーファンが特に気になっている品。

我が家には愛犬がいるので、ペットありの育児の場合は一体どうしたらいいのかすごく困っているところです。
当初は寝室にベビーベッドを置いて、せめて生後1ヶ月は床を舞うハウスダストと犬の猛攻から守ろうと考えていました。
問題は昼間です。昼は寝室ではなくリビングに移動するわけですが、その時は犬と一緒になります。

CASE1. 座布団などに寝かせる

犬とは柵で仕切り、触れらせないようにします。ある程度免疫がついてきたら柵も外したいところです(どのみちなんでも口に入れる時期がきますしね)。

メリット

  • レンタルする必要がない
  • 成長に合わせて柔軟に対応できる

デメリット

  • 床と近いため毛を吸い込みやすい
  • 犬の自由スペースが減る

CASE2. バウンサーかハイローチェアに乗せる

メリット

  • 犬を放し飼いにできる
  • 床から少し浮いているので多少毛を吸い込みにくくなる
  • (揺れ具合が息子と合っていた場合)育児の負担がちょっと軽くなる

デメリット

  • 補助器具はお昼寝用ではないので長時間の使用は避けなくてはならない
  • もしかしたら寝苦しいかもしれない
  • レンタル料金が発生する

CASE3. クーファンに寝かせてみる

今は4wayタイプもあって大きくなっても使えるように作られていますね。

メリット

  • お昼寝用に作られているため寝やすそう
  • 犬の毛から守ってくれそう
  • 持ち運びが楽
  • 新生児期はお昼寝用として、成長したらプレイマットといろんな用途に使える

デメリット

  • ねんね期が終わって寝返りの時どうするか→結局座布団と同じ?
  • レンタル料金か購入費用が発生する

ベッドやバウンサーのレンタルですが、種類が少なくお値段も気になるところ。
日々節約・節制している身としては、レンタル代よりいざという時の病院代に当てたい気持ちが強い。

特にベッドはいらないかも…寝室では夫婦はいつものベッド、息子は床で、どのみち2時間おきに私はベッドと床を往復する…そんな気がしてなりません。

理想は犬・息子ともに無理なく過ごしてほしい

息子が生まれ、生活パターンがガラッと変わっても、先住犬をないがしろにはできません。ストレスも与えたくない。犬と人間、どっちが大事?なんて質問もよく飛び交いますが、同じです。優劣つけるところではないと思います。

また、多少いろんなものを吸い込んで育つことで免疫が付いて、強くたくましくなるかもという楽観的な思いもあり(ただ巷であれだけハウスダストの恐ろしさを聞くと、床の直布団敷きはためらってしまう…)。

ペットが猫だったら?
子どもが床だろうがベッドだろうが、飛び降りできるので今度は蚊帳みたいなのが必要そうですし…。

うーん。
オットだけでなく、母が今月末にお手伝いに来てくれますので、相談してみたいなとは思います。それまで出てくるの待って!息子やー。

以上悩みは尽きないぺこもぐでした。

広告を非表示にする