読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬とこどもの暮らし、小さな暮らし

40㎡1LDKの小さな家でのシンプル暮らしを綴ります。お掃除大好き、ごはん大好き。ペットと子どもとの初めての育児に日々奮闘中。

母が来た

妊娠生活

予定日まであとおよそ2週間。
北海道からはるばる 母がお手伝いにやってきました。

食器洗いからごはんの支度まで、なにより買い出しの時、重めの荷物を持ってくれたのが本当に本当に助かりました。
オットの帰宅は深夜です。
帰りを待っていたら店がない。
毎日節約しているのに、買い物のためにバスで行くのも損した気分になるので片道20分くらいをひたすら歩きます。買うのは野菜が多いので、臨月に重いものを持つのが本当にしんどい…。安定期の頃と臨月ではつらさがこんなに違うんですね。

そんな親をこき使うダメ妊婦ぺこもぐです。

今日はひたすら母とおしゃべりしていました。

高校卒業後にすぐ一人暮らしをし、大学や仕事も遠方でしたので、こんなに母とゆっくりお話しできる機会は初めてでした。

流産のこと、私や妹が生まれたときのこと、生の体験談はすごく参考になります。

時代や周りの状況は違いますが、血のつながった母と私の身体の作りは似ているのか。確かに母も私も、妊婦発疹やむくみ、後期つわりは特になくアレルギーも出なかった、でも腰と下腹部の痛み、足回りばかりに肉付きが良くなるのは同じでした。
たまたまなのかもしれませんが。

出産までのゆったりとしたひととき、母とオットには気を使わせてしまう期間になりますが、大切にありがたく満喫させていただきます。
ここまで長生きしてくれた母と、母が来るまでお腹にとどまってくれた息子と、実母にお手伝いを頼んだことを快く了承してくれたオットに感謝です。

これでいつ産まれてもバッチリかな?
あとはレンタルベビーベッドを手配してリビングに設置、紙オムツを用意をして、ベビーカーとベビーバスをオットの知人からいただいて…って あれ?まだまだ準備ありました(笑)
そうそう、赤ちゃん布団に乾燥機をかけなくてはならないのも思い出しました。やっぱりまだ準備バッチリとはいきませんね。

明日から早急にやらないと!

広告を非表示にする