読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬とこどもの暮らし、小さな暮らし

40㎡1LDKの小さな家でのシンプル暮らしを綴ります。お掃除大好き、ごはん大好き。ペットと子どもとの初めての育児に日々奮闘中。

乳児湿疹を治そう

生後3ヶ月を過ぎた頃から、頭・ほっぺた・肩から肘にかけてまぁるく湿疹ができてしまいました。
乳児湿疹は時が経つにつれ治るというし、悪いものを出しているところなんだと特に病院へ行くこともなく、乾燥がひどい時は白ワセリンを塗り、そのうち4ヶ月半になりました。

でもね、治りはしないんですよ。ワセリンじゃ。沐浴でせっけんを使わないようにしたり、お湯の温度を低めにしたりとやってはみたものの、赤みは増すばかり。右側だけだった頬の湿疹が左にも…!

これから夏になるし、この皮膚炎があせもに発展してもやだなぁ…という思いもあり、先日皮膚科を受診してきました。

やっぱり乳児湿疹でした

子どもにはよくあること、でも治療はしたほうがいいね、という診断が出ました。放っておくと後々の皮膚トラブルを起こしかねないのだとか。これは知りませんでした。てっきり、そのうち治るから放っていいものだとばかり思っていましたから…。

何が嫌なのか、何が子どもにとって良いのか、きちんとした説明を受け、結局我が家は 薬を使っての治療 をすることに決めました。

ステロイドに手を出すと歯止めがきかない?

1番怖かったのが、どうしてステロイドは「効きが悪くなる→強い薬を使う→薬なしでは生きられない」と言われているのか、ということ。先生曰く、体の部位に適した薬を使うのと、使い方を間違えない、この2点を守れば怖い薬ではないと言います。

体の場所によって吸収率は違います。
頭や顔(首も含む)や陰部は、吸収率が極めて高いです。そこに体全体用のレベルの薬を使えば…どうなるか、わかります。
また、炎症を抑えるステロイドは保湿剤と一緒に出されることが多いのですが、大事なのは順番。保湿剤を塗り、患部だけにステロイドを塗る。逆にしてしまうと、異常なしの皮膚にも薬を塗ってしまうことになりますので、順番は大事です。

あと「炎症が治まったら薬の使用をやめるべきか?」という疑問には、「やめて保湿だけにする」と。

決められた量・用法をしっかり守り治していきたいと思います。

子どもにできること

痛がる、痒がる、元気がなくなる、ことが幸いまだない我が子。
代われるなら親が変わってあげたい、ですが今私達にできるのは「お医者さんの言われた通りの治療をする」ことだけです。調べるって言っても限界がありますし。
とりあえず、小児科と皮膚科の両方で診ていただき、納得した治療法を選んでやることに決めました。

ある方の「薬は必要ない(使っちゃダメだ)」という考えが頭をよぎります。私がすることは子どもにとって悪いことなんだろうか?取り返しのつかないことをしているのではないか?

少しずつ、着実に治っていくことを切に願います。

それにしても病院で2時間半待ち…!
かなーり疲れました(泣)

広告を非表示にする