読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬とこどもの暮らし、小さな暮らし

40㎡1LDKの小さな家でのシンプル暮らしを綴ります。お掃除大好き、ごはん大好き。ペットと子どもとの初めての育児に日々奮闘中。

犬エリアに侵入するムスコ

犬との暮らし 育児 生後9ヶ月〜1歳

つかまり立ち、つたい歩き、ひとりたっち、からのブンバボン!…ではなく、5歩歩きました!!!

日々成長が目覚ましいムスコです。

そしてついに恐れていたことがやってきました。


(犬エリア、侵入しています)

置くだけゲートや、100円ショップの犬猫よけ芝生を設置して凌いできましたが、芝生側のフェンスを押して痛くないスペースを作り、ゲートとの隙間から侵入するようになりました…。頭いいなぁ。


(この芝生、大人でも踏むとめちゃくちゃ痛い)

まだ顔の犬耐性はついておらず、隔離を続行中。犬エリアにはトイレシーツや犬用の水も置いてあるので、やっぱり都度連れ戻すしかありません。疲れる〜…!!!

先日は犬の水でフィンガーボウルのように手を洗ってました(苦笑)舐めるまで間一髪。油断なりません。

仕方なく、さらに応急処置としてエリアを縮小。

エリアの幅をフェンスピッタリにしたので、手前側を押してもそれ以上隙間ができないようになりました。

ムスコ自身が芝生を持ち上げるようになったら意味ないけど…。

ベビーベッドをもし購入していたら、それをバラしてペットフェンスとして使えたかもしれません。もしくは木枠製のしっかりしたフェンスを買って組み合わせるか…(柵のようなフェンスだと隙間から舐められるので)。

でもね、ないものはしょうがない。
ないと死ぬわけじゃないので、このまま様子見でいきます。

広告を非表示にする