犬とこどもの暮らし、小さな暮らし

40㎡1LDKの小さな家でのシンプル暮らしを綴ります。お掃除大好き、ごはん大好き。ペットと子どもとの初めての育児に日々奮闘中。

要求がたくさんすぎてつい…

いつの頃からか、ムスコは授乳の催促の時に自分の胸をバシバシたたいてお知らせしてくれます。
夜でも、昼でも。

ごはんに響かない時間であれば、めいっぱい授乳を堪能してあげようと決めているので授乳するのです。…が最近特に、催促の頻度が多くて困っています。

昨夜もそう。
ごはんを選り好みして残したにもかかわらず、授乳して〜!がきた。さすがに「いいよ」とは言えず、理由を説明して、ギャン泣きするので気分転換にお風呂。
あがって寝室でまったりしつつ、授乳。
もういらないよ!と意思表示があったので終わりにし、さて寝ようと布団に入るると…しばらくしてまた催促が!

これには私、カッチーン!

そもそも朝から何度も要求があって、その度に「いいよ」としていたのです。授乳だけじゃなく、遊びや絵本やなんやかんや。本当に嫌なことは断りますが、でも できるだけ応えてあげたいのが親心ってもの。

なんなの?
私はドリンクバーか!
いつでもホイホイあげると思ったら大間違いだよ!!

結局この日はお気に入りタオルで「すん…」と眠りにつきました。

後から考えると、たぶん眠かったのではないかな…?
眠くて眠くて、でもどうしたらいいかわからず、とりあえずパイほしい〜となってたのかな?

気が付かず、説得しようとしてしまった私。相手は睡魔、勝ち目はない。

にっこり笑顔で眠りについてほしいのに、うまくいかなかった!

増え続ける要求

少しずつ我慢も覚えていってほしいところですが、とりあえず一歳半くらいまでは、あれもこれもダメダメ!はしたくないと思っています。
うちは犬がらみでけっこうダメ事項が多いので、親が気持ちよくいいよ〜と言えることは応えていきたいのです。

叱るポイント

  1. 子ども自身が危険になること
  2. 他の人が嫌な気分になること、危険になること
  3. 食べ物を粗末にすること

我が家では、この3つを叱るポイントとして(LICOさんの育児法を参考にして…)いますが、靴を室内に持ち運ぶなど、心身に危険は及ばないけれど私にとってストレスになること(おうちが汚くなる)もダメとしています。

叱るかどうかの線引きは、自分の心。
携帯電話やリモコンも、初めは困ったな〜と感じていましたが、今は まぁいっか〜と好きにさせています。
台所の調味料とキッチンツールの引き出しは、ダメポイント。まぁいっか、とはならない気持ちに素直になって、日々ムスコと戦います。

イライラの元をたどる

この日イライラしてしまったのは、自分の要求を押し殺していたからかもしれません。
私は我慢しているのに、なんであなたばかり要求が通るの?みたいな張り合いもあったかもしれない…(恥)
こんなときは子どもが寝たあとにでも好きなことをして発散するしかないですね!

そして1日が終わる

一人反省会でした。
まだまだ未熟なお母さんです。

広告を非表示にする